2018年8月

  • 山本とおるの本音
    2018.08.30 (木)

    政治家なら語るべし

     先日(8月27日)安倍総理総裁が富山県入りされました。来月の総裁選挙、事実上スタートした格好です。党員研修会に名を借りた決意表明では、憲法改正と自衛隊、外交と北朝鮮問題、アベノミクス、地方創生などについて自信に溢れた言葉を述べられ、保守王国富山県の自民党員に勇気を与えたと思います。富山のコシヒカリが最初の中国への輸出米になる、というリップサービスも盛り上がりました。さすが現職総理大臣!と言ったところでしょうか。

     私はしかし、今回の総裁選挙、石破茂先生を応援します。

     石破さんも先月(7月21日)、富山は福野地区へ入られ、出馬表明こそ無かったものの、力強く憂国の想いを述べられました。「石破茂を護る会」という支援団体もあって、ちょくちょく富山へ来られるので、県西部を中心に石破さんの人気は高いものがあります。

     党内外を問わず安倍一強と言われる今日、現職総理の向こうを張って総裁選に出るというのは、相当の覚悟が必要なはずです。現に総理の所属派閥はもちろんの事として、麻生派、二階派など次々と安倍さん支持を打ち出しました。岸田派まで...

     何だ?怖いの?

     自民党員だけでなく、国民はみんな注目しています。総裁選では、堂々とこの国の有り様を語って欲しい。野党がだらし無い今、党内派閥がそれぞれの政策を語らないでどうするの。それが自民党の果たす役割じゃないですか。今回、安倍さんと同じ派閥にも拘らず、出馬しようとした野田聖子さん(推薦人が集まらず、出馬を断念された)は、岸田さんよりよっぽど男らしい。

     負けると分かっていても、この国の有り様を堂々と国民に語る決断をした石破茂さんの勇気は評価されるべきです。私は共感します。いろいろ言われていますけど、ぜひ頑張って欲しい。

     今回の総裁選はポスト安倍への布石でもあります。安倍さんの後は一体誰が総理大臣になって行くのか。総裁選挙を注目しましょう。

    続きを読む
1

山本とおる twitter


山本とおる facebook


山本とおる YouTubeチャンネル



山本とおる 後援会